コインランドリーの起業が増えている理由

  • コインランドリーを起業するポイント

    • コインランドリーを起業するなら、家庭用と業務用の違いを把握しておきましょう。

      家庭用の洗濯機は、一般家庭に設置できるタイプの洗濯機です。


      賃貸住宅に入居している人が、自分で洗濯機を所有せずにコインランドリーを利用する場合があります。

      賃貸住宅の入居者をターゲットにする場合は、家庭用の洗濯機と同じタイプで営業できます。

      起業するときも、家庭用の洗濯機と同じ容量で統一すると良いでしょう。

      コインランドリーを起業の情報も多数ご用意しました。

      利用者も分かりやすくなります。

      業務用の洗濯機は自宅に設置できない規模です。



      自宅に設置できないからこその性能が魅力です。
      コインランドリーは、家庭的にも営業できますし、工場やショッピングモールのようにも営業できます。
      設備としての規模の大きさというよりも、利用料金の違いにも注目してみましょう。起業する人にとって、洗濯機の料金設定は収益に影響します。



      家庭用と同じ容量の洗濯機ならば、料金を低く設定しやすいですが、業務用の大容量の洗濯機は電気と水道のコストを考慮しますので料金の最低ラインを無視できません。

      ある程度の価格設定になります。収益の見込みと、最低ラインの価格設定を正確に把握したうえで、コインランドリーを起業する必要があります。コインランドリーは、洗濯機の容量と価格との相関性も重要です。市場の相場を調査するときも、必ず洗濯機の容量と価格設定を把握するようにしましょう。
      他社や多店舗と競争する場合でも、洗濯機の容量と価格設定に注目しましょう。

top